SNS ブログ

今この時期、何を心がけてSNS発信をするのか

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

2月3日、東京都の新たな新型コロナウイルス感染者は。2日連続で2万人を超えたとの報道がありました。

2年以上続くコロナ禍は、未だに終息が見えない状態が続いています。

さすがにこれだけ長くなると、なんとなく気が重い。

仕事モードに入れない。 なかなかエンジンがかからない。

どうしても、そんな気持ちになってしまいがちですよね。

連日の報道を見るたびに、心配になったり不安になったりと。

モヤっとした心の状態が続いたりします。

 

 

心に響く投稿とは、どんな投稿?

インターネットを使ってビジネスに取り組んでいる場合、ブログやSNSを使った情報発信は必要不可欠になります。

言ってみれば、世の中の情勢がどうであっても、自分の精神状態が今一つ安定していなくても。

発信することは仕事の一部なので、止めるわけには行きませんよね。

では今この時期、どのような発信を心がければ良いのか?

個人的に一番良い方法は「無理のない程度にポジティブな発信をすること」なのかな?と考えます。

人間は感情の生き物ですから、四六時中、前向きで元気でいれるわけもないし、気分が落ち込んだり凹むこともありますよね。

そんな心の状態の時に、無理やり明るく繕って元気な発信をしても、無理をしているので余計に辛くなったりします。

かと言って、その辛い心情をストレートに発信することも、仕事して考えた場合、望ましくはないですよね。

発信(投稿)を見た人を喜ばせる、元気にさせることは中々ハードルが高く、難しいこと。

でも、全ての人を明るく、元気にさせることは無理だけど、なんとなくホッとさせるようなことはできると思います。

これは個人的な感覚なのですが、今の世の中の状況や自分が置かれている環境で気持ちが沈んでいる時。

心に響く投稿って、さりげない、何気ない内容の投稿ではないかと思うんですよね。

「こんなご時世だけど、必ず良くなる時は来るから、みんな頑張ろう!」的な投稿よりも(それはそれで悪くないと思いますが)

日常で見つけた細やかな、小さな幸せの内容の投稿から、ホッとさせられることは多々あります。

 

 

こんな時だからこそ、背伸びしない等身大の投稿を

ブログを書く時に、背伸びして良いことを書こうとすると逆に伝わらなかったり。

SNS投稿も、必要以上に前向きな内容を発信しようとすると、後で自分が辛くなったり。

そうならないためにも、無理のない自然体な発信が、自分のためにもフォロワーのためにも最適ではないかと思います。

多くの人を元気にさせるような発信は、インフルエンサーや著名人に任せて。

僕らは自分のできる範囲で、無理のない発信を心がけたいですね。

きっと何かを感じてくれて、少しでも心が軽くなる方は必ずいますから。

 

 

三浦猛のメルマガ

ホームページ・デザイン制作に関すること、SNS活用法、マインドセットなど、ビジネス全般についての情報をお届けしています。

興味のある方はご登録ください。

ご登録はこちらから

 

-SNS, ブログ

© 2022 三浦猛ブログ