ビジネスマインド ブログ

自分より優れた人・成果を出している人をどう思う?

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

SNS投稿やブログ記事を読んで、他人と自分を比較して落ち込んでしまう人は多いと思います。

今日はそんな人に向けたお話を。

 

 

検索で見つけた凄い同業者

先日、検索から凄いWEBクリエイターを見つけました。

WEBデザイナー、WEBクリエイターの方なのですが、ブログにホームページやチラシ・パンフレットなどの制作実績が載っていて。

そのデザインのどれもが、綺麗で洗練されていて、素晴らしいものばかりだったんですね。

初めてお見かけしたブログだったので、思わず過去記事まで遡って読ませてもらいました。

WEBデザインだけでなく、映像制作もやられている方で、書かれている記事の内容も勉強になる、素晴らしいものばかりでした。

 

自分より優れている人を見て発奮するか?落ち込むか?

自分から見て、あきらかに今の自分より優れている人、突き抜けている人を見た時、どう感じるか。

俺(私)なんかまだまだ。もっとこの人に近づけるように頑張ろう。

その人を見ることを発奮材料として、今の自分の能力を上げていこうと考えてみる。

俺(私)はやっぱり才能がない。これじゃあかなわない。やめたくなってきた。

実力の差を見せつけられて、落ち込んでふさぎこみ、やる気をなくしてしまう。

 

人によってさまざまな思いになると思いますが、後者のパターン。

凄い人を見て、今の自分と比べて落ち込んでしまう人の方が多いのかな?と感じます。

 

 

今の自分より凄い人なんて、山ほどいます。

その人の実力にもよりますが、そもそも今の自分より優れている人、うまくいっている人なんて、それこそ山のようにいます。

その時にそういう人たちを見て、いちいち落ち込んでいたら身が持ちませんよね。

 

他人を見て落ち込む時間などないはず

少なくとも、今の自分の場合、毎日毎日たくさんの方のブログやホームページを見て、嫌というほど実力の差を見せつけられています(笑)

「あの人、またこんなことやってる。凄い」とか。

「あの人のホームページ制作実績がアップされた。今回もまた優れたデザインだ」とか。

野球の千本ノックを受けるように(笑)、次から次へと打ちのめされます。

もう、その一つ一つを見て、落ち込んでいる時間なんてないんですよね。

良いものを見せてもらった。

また一つ刺激をもらった。

その人の域に近づけるように頑張る。

ただ、それだけのことです。

 

 

学生の頃部活動をやっていて、自分より学年が上の上級生を見て、いちいち落ち込んだりしていたでしょうか?

今は一年生の僕(私)も、三年生になったら、あの先輩みたいに上手になりたい。

常に先を走っている上級生を見て、「先輩みたいになりたい!」という思いから、純粋に練習に取り組んでいたはずなんですね。

 

どんなに凄い人も「人」 今の自分も「人」

凄い人は何のために存在しているのか?を考えてみます。

どの業界にも、自分より優れた人、成果を出している人は必ずいます。

下ばかり見ていてもいけませんが、上ばかりを見てもキリがありません。

大切なことは、その凄い人を見て落ち込むことではなく、目標に切り替えて。

その人の域を目指して士気を高めることなんじゃないかな、と思います。

自分からみて、「この人凄い!」と思える人は、実力の差を見せつけて、落ち込ませるために存在しているのではなく。

今の自分を今以上に成長させてくれるため、やる気を引き起こすために存在してくれている、と思うと気が楽になりますね。

 

 

どんなに凄い人も、当たり前ですが「人」です。

そして、今の自分も「人」です。

同じ人同士。

あの人にできて、自分にできないはずがない。

そんな思いで日々精進していくことが大事なのでは?と思いますね。

 

 

 

三浦猛のメルマガ

ホームページ・デザイン制作に関すること、SNS活用法、マインドセットなど、ビジネス全般についての情報をお届けしています。

興味のある方はご登録ください。

ご登録はこちらから

 

-ビジネスマインド, ブログ

© 2022 三浦猛ブログ